鈴木輪/瞳をとじて 雑誌レビュー!

http://kamekichirecord.com/New亀吉音楽堂・亀吉レコードHP


夏の終わりにリリースした鈴木輪のI'll close my eyesの雑誌レビューが掲載されました。
ぼやぼやしてたらすぐに冬が来て今年も終わりそうな勢いである。
夏のイメージで制作してるが、冬に聴いてもらっても一向に構わない。。。と思います。ぜひ!

無線と実験2015 11 156
第20回日本プロ音楽録音賞を受賞した実績を持つ亀吉レコードの新譜。
鈴木輪の同レーベルからの3作目でありピアノとベースのデュオをバックにしたシンプルな編成で彼女の魅力をストレートに引き出している。
彼女は適度な艶を感じさせる歌声でヴィブラートなどギミックを使わず素直に歌いあげるという印象を受けそれだけにリスナーの耳と心に自然と沁み入ってくる。
スタンダード中心だが、フュージョン系器楽曲であったJサンプル作曲のMelodies of loveなどで彼女の確かなキャリアがわかる。
また、ピアノもベースも極めてナチュラルな質感で捉えられ、コンプレッサーも過度ではなく圧迫感のない伸びやかな音で聴ける。ヴォーカルの細やかな表情も明晰でウッドベースのピチカートやピアノのタッチもニュアンスに富んでいる。
192kHz/24bitで録音したということだが、スペックは遥かに勝っていても音質は本作より劣っている作品が多いのが現状である。
(無線と実験 2015年11月号 小林貢 )無線と実験の購入はこちら

ネットオーディオ
実に好ましい「くつろぎの音楽空間」
 鈴木輪の最新作が届いた。例によってアコースティックな広がりの中に、鈴木の声が自然な残響を伴って浮かび、バックのピアノとウッドベースが彼女の歌唱をやや控えめに、しかししっかりと支える。
実に好ましい「くつろぎの音楽空間」といってよいだろう。
鈴木の声はどこか南部鉄器の風鈴を思わせる質感で涼やかに伸び、ピアノとウッドベースはややソフトだが至って自然、どちらも”木”の質感を感じさせるサウンド傾向である。
今作はCDも入手しているので聴き比べてみた。CDもずいぶん健闘しているが、声の澄んだ質感と伸びではやはりハイレゾに軍配があがるようだ。
(Net Audio vol20  2015 winter 炭山アキラ )Net Audioの購入はこちら
I’ll close my eyes ハイレゾ配信はこちら
I'll close my eyes PV  鈴木輪 2015/8/30リリース (Kamekichi Record )好評発売中!



↓亀吉レコード のamazonはこちら↓